2019年03月10日

未来都市もポップであるべき

前々から気になっていたものの、ずっとほったらかしで放置してたDVDがあって、それがARCHIGRAM MOVIES!(アーキグラム・ムービーズ)という作品集。

内容にしてこの価格はちょっとなー(4千円くらいした)と二の足を踏んでた所、気がついたら10年以上放置してしまい、久々に調べてみればもう中古で安くなってるし、「流石にいい加減買うか・・・」と思い出したように購入しました。
3ks_archigram1.jpg

それにしても中古とは言えよく未だに売られてたな・・・・。
このDVD、「アーキグラム」というアート集団が作成した映像作品集なのですが、まず目につくのはなんだか馬鹿でかいスポンジのロゴですね。
これ、特典でついてきたマウスパッドで、目茶目茶厚みがあります。
厚みのわりにDVDジャケサイズ程度しかないので実用性があるかどうかは疑問ですが、まあどっかに飾っておく方が画になりますね。
肝心の中身なのですが、彼らは別に映像作品をメインに作ってきた訳ではないので、あくまで自分たちの活動の中の一環としての補完的な意味合いが強い映像集になってます。

そのため数も少なく、DVDに収録されているのはたった3作品。トータルで30分程度の長さです。
その分非常に希少性が高いこの前衛的な作品群は、アーキグラムを知っている人なら、実に興味深い内容には違いないのですが、ただアーキグラムの事を良く知らない、という人がこの作品集を見ても、正直彼らの持つ魅力を理解することは流石に難しいと思います。
まあ要はコレクターズアイテム性が高いDVDなので、万人にはお勧めできない、ということです。

というわけでこのアーキグラムというアート集団が何なのか、という事を知らない方のためにザックリ説明すると、英国の若手の建築家達によって結成され、1960〜1970年代に主に活動し、その後の建築をめぐるアートや概念、思想などに大きく影響を与えたグループの事です。
彼らは普段は通常の建築系の仕事をこなしながら、いわば同人誌のような個人雑誌を刊行し、その中で思い思いの建築的思想や未来の都市像を展開しました。
その内容が極めて自由でポップで前衛的だったため、彼らはしばしば「建築界のビートルズ」と呼ばれます。

例えばこの「ウォーキング・シティ」は、彼らの独自性と言うか、自由奔放な所がとても顕著に出たドローイングですね。
タイトルとこの絵を見ただけで、もうこの建築物が一体どういう代物なのかがすぐに分かってしまうと思うのですが、もうまるで子供の発想のような大胆な手法で「自ら移動する都市」というユートピアを示したのです。
3ks_archigram3.jpg
     c Deutsches Architekturmuseum

移動都市と言う概念自体は前からちょくちょくあったらしいのですが、ここまでド直球に描いたのは多分彼らが初めてで、当時のSF感やポップカルチャーも反映された、見た目にも非常にインパクトが強い作品で、彼らが当時一躍注目されたのも頷けます。

他にも、家を簡単に展開・解体することの出来る「インスタント・シティ」とか、後からモジュールを組み合わせて拡張が可能という日本のメタボリズムを思わせる「プラグインシティ」など、非常にSFチックかつ大胆な発想による未来像を展開しました。
勿論、彼らはこういったユートピア思想を本気で真面目に実現しようとしていたわけではなく、当時の、とくに英国内での保守的な建築思想や未来設計に対する彼らなりのカウンターカルチャーであったわけです。
3ks_archigram2.jpg


正直なところ、彼らの目指した、求めていた思想や概念が一体どういうものだったのか、など頭の弱い私には全く理解できないのだけど、少なくとも「建築とて、もっと自由であるべきだ」というメッセージがこもっていたのではないか、というのは何となく読み取れました。

例え何なのか良く分からなかったとしても、その近未来のSF的テクノロジーをベースにした奇想天外なユートピア像は見ていてとても楽しく、非常にアーティスティックであり、ひとつのアート作品として力強く、だからこそ未だに多くの人達を魅了させる何かがあるのでしょう。


というわけでDVDはあくまでファンの為のコレクターズアイテムでしたが、彼らの本筋であるドローイングの数々は、それらをまとめたアーカイブのサイトで見られますので、ぜひ覗いてみてください。





web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:40 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

可愛い少女には旅をさせよ 「建築+少女」シリーズB

なんだかんだで続いている、誰も得をしない自分だけが楽しい謎の「建築+少女プロジェクト」ですが、今回もひとつ作りました。
相変わらずUE4で作成し、MMDから取り込んだミクを持ってきてます。
ただ今回の物は結構アイデアが二転三転して方向性が定まらず、結構悩んだ末に完成した作品です。
ks_arctgirl04_01.jpg

という訳で建物の設定もブレブレでいまいちハッキリ決まってません。
最初は単純なオフィスビルの群集みたいな感じだったのが、いつのまにか周りが工場っぽくなり、なんかそんな方向性に変えるか、とかやってたら現在の形になりました。

まあだから何というか、この辺の工場を請け負ってる元締めみたいな本社ビルとかそんなんですかねえ(テキトー)
ただビルの高さをあまりにも高層にしてしまったおかげで、全景を入れようとすると収まりきらず、どうしても広角の画面になってしまうのは画面が歪みがちでちょっとしくったかなあ、と言う感も無きにしもあらず。
まあ迫力はあるんですけどね。
ks_arctgirl04_02.jpg

建物自体はいつものようにSuperGridを使ってフルスクラッチしましたが、周りの背景は「Modular Platform」「DownTown」「Modular Industrial Pipes Pack 01」など環境用プロップのアセットを利用してます。
結局私が作るとどうしてもそっけない造形の物になってしまうので、これじゃ足りない、何か足りない、と色々追加しまくった結果が今回の作品なので、最初から明確な青写真が出来ていればこんな風にはなってなかったような気がしますね。

・・・・うーん作り始めたときは「こんな情景を作ろう」みたいなザックリとした指針はあったはずなんだけどな(爆
ks_arctgirl04_03.jpg

ちなみに何も考えずメッシュを置きまくったので結構重いです。
本当ならこれメッシュを一体化するなりインスタンス化するなり軽減作業やんなきゃならないんですけどね。まあスチール撮るのが目的だから知った事かと言う(え

てかまた今回もまたミクちゃんだな。そろそろ別の娘も起用したいとかいってなかったっけ。
・・・うんあれから色々モデルを探したんだけど、可愛いけどどうやらこれ何かの版権物らしいってのが多くて、別にいいんだけど、自分自身が元ネタや原作を知らないまま使うのってなんか違和感があって抵抗あるんですよね・・・。

出来ればオリジナルモデルがいいんだけどなー、そして普段着みたいのがいいなー、とか言ってたら全然決まんなかったわ(爆
ks_arctgirl04_04.jpg




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:02 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

可愛い少女には旅をさせよ 「建築+少女」シリーズA

今回も言ってみればUE4の話題ですが、久しぶりの建築+少女シリーズです。
ふいに思い立ち、今回サクっと作ってみました。といいつつ制作に4、5日くらいかかってますが。
建築+少女とはなんぞや、というと、私が一人で勝手に始めたプロジェクトで、建築の中にポツンと少女を置く・・・いや、と言うよりかは少女を含む被写体の中に大部分を占めるように建築物がそびえ立っている、というコンセプトのCGシリーズです。
ks_arctgirl03a.jpg


前回は少しリアリティを意識した建築物を作ったのですが、今回はうって変わってかなりメガロマニアチックな、要は非現実的な感じの建築物を作ってみました。私の趣味丸出しと言うことで。
まあこのシリーズは100%私の趣味なんだけども・・・。
ks_arctgirl03b.jpg

これ、最初に浮かんだとりとめもないイメージを元に、直感で作っっていったので、一体この建物が何なのか、どういう施設なのか、という事も結局何も考えてないという。
とりあえずこの下には貯水プールがあって、非常に巨大な仕切りで幾重にも区画が分かれており、そこに大量の水が貯蓄されている・・・・なんていう後付けはできるけども。
ks_arctgirl03c.jpg


今回は外部ツールは使用せず、全部UE4内で製作しました。大半のベースは例のSuperGridアセットを使って作成してます。
シンプルな構造を作るなら、これが最適。正直これが無いとマジでやってられんレベルですね。
このブロック群を多少不規則にしたりしながら単純に幾重にも並べてるだけなんだけど、光の具合で結構迫力ある構造が浮かび上がります。ライティングはまだまだ謎が多いけど、光と影のコントラストが重要だって事は素人の私でも分かるそ。
ks_arctgirl03_1.jpg

配管や足場もアセットを使用。Modular Industrial Pipes Pack 01や、Modular Steel Constructionsなんかを使ってます。
そして相変わらずミクちゃん。毎回ミクちゃんだけど、別にそこにこだわってるわけでは無くて、少女ならば何でもいいんだけど、探しても中々良いのが見つからない。というか本気で探してないよな。まあ今回もミクでいいやってなってる。

MMDだともはや取り込むのがメンドーだし、UE4用のがあればいいんだけどね。無いよねえ。
ks_arctgirl03_2.jpg


ということで、何だかんだでゆっくりペースながら着々と回を重ねてるこのシリーズ。といっても建築のテーマは全然筋が通ってなくて毎回ブレブレだけども。
なんかこの前は室内を作ってみたいとか言ってなかったっけ? まあいいや。

幻視建築が好きなものだから、どうしてもこんな感じの物になっちゃうんだよなあ。
ks_arctgirl03_3.jpg


web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 21:13 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

可愛い少女には旅をさせよ 「建築+少女」シリーズ@

以前、創作シリーズとして「建築+少女」という小さいプロジェクトを始めたと言いましたが、まあやると宣言したからにはやらなきゃならないわけで・・(やらないつもりだったんかい)。
まあともかくそんなわけでチマチマと進めたりしていたわけです。


軽く1作品作ってみたわけですが、まあパターンは同じです。というかそういう1パターンなシリーズなのですから当然なのですが。
前回の建築物は特に何も設定は無かったですが、今回は軽く考えてみたのですが。
公共的な施設をイメージしていて、市役所とか、そういう建物のつもりで作りました。
でも周りにカフェテラス的な物があるので、ここで食事が出来たり。多分直ぐそばに飲食店が隣接してる。
ks_arctgirl02_01.jpg

このデザインは何? 何をモチーフにしてる?
もし建築家だったら、これこれ何がしと言う理由でこういうデザインにした、とか言う所でしょうが、私は別に建築家ではないので、正直全く何も考えてません(爆
なんでこんなデザインになったのか自分でもわかりません。まあ成り行きです。

ちなみに建物自体は当初SuperGridとかを使って直にUE4上で組み立てようかと思ってましたが、ちょっと微妙に形状が複雑になりそうだったので、SketchUpで作成し、UE4に取り込む手段を使用しました。
これは以前からよく使ってた手段なのですが、エクスポートしたObjファイルをそのまま直接UE4に取り込むと、ビルドの際にUVがオーバーラップして真っ黒になったり、ライティングが崩れてしまうので、一旦Blenderを通し、そこでUV展開してから取り込んでいます。
BlenderでのUV展開は、Editモードで全選択した状態でUキーを押し、「Smart UV Project」を選択して自動展開するというお手軽な処理。
ks_arctgirl02_03.jpg

殆どの場合、これで対処可能なのですが、今回はブツがデカすぎたが、それでもUVがオーバーラップしてしまいました。
こうなってしまった場合、メッシュのプロパティで「ライトマップ解像度(Overridden Light Map Res)」を上げて、Lighting Channelsを0から1に入れ替える、などで改善することが出来るらしいのですが、今回はそれでも改善せず。

要するに、建物を全部ひと塊でまとめてしまったのでUVが目茶目茶複雑になってしまったんだと思われます。
しょうがないので、とりあえず細かい突起部分を分け、別パーツにしてみましたが、それでも一部黒くなってしまいますね。
遠目で見ると分かりにくいのでもうこれでいいやと諦めてしまいましたが、本当はちゃんと手動でUV展開しないとダメなんだろうなあ。
それは無理(え
ks_arctgirl02_04.jpg

まあ今後色々と課題を残しつつ、一応完成させましたが、まあ周りの装飾物は例によって購入アセットを使ってデコしています。
ちなみに今回はスクショを撮ればいいので、お手軽にUE4の画面を撮れるアセット「Photomode」を使用して撮ってます。
これを使うとゲームを一時停止させて画面のきめ細かさとかカメラのぼかしとか細かく設定できるのでスクショ撮影には便利。
ks_arctgirl02_05.jpg

SKY(雲)がデフォ雲なので購入したアセットSKYに変えたら、ライティングまでガッツリ変わってしまい、元の雰囲気に近づけるのが面倒なので結局デフォに戻すという。
今度やるときは最初からアセットSKYで組み始めないとダメですな。あとから雰囲気変わると「あれ?」ってなっちゃう。

あと、今回はUE4は4.19バージョンを使いました。ミク等のMMDのモデルを取り込むプラグインが4.16までしか対応してないので、仕方なく4.16にまず入れてから、移行で4.19に移してます。今回はただのポーズだったからいいけど、流石にアニメーションだとトライアンドエラー必須なのでやってられないだろうなあ。ウーン困った。


ks_arctgirl02_02.jpg
さて、今度は建物の外見ではなく、内部とかも作ってみようかな・・・、まあいつになることやら、ですが・・・。




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:02 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

せっかく作ったんだからお客さん呼ばないとね

久々にUE4の話題です。
性懲りもせずDrone166とミクちゃんの動画とかを作ったりもしてましたが、最近ちょっとふと思い立ち、また新たな物をUE4上で作ろうと色々試行錯誤しておりました。

それが、「建築+少女」という、ちいーちゃいプロジェクト。
arct_girl01b.0024cc.jpg

まあ私は建築に興味があって、中でも実際には存在しない、結局造られることの無かった設計図どまりの建築とかが好きで、そういった奇想天外な発想によって実現しなかった幻視の建築とかに思いをはせるのは一種の趣味でもありました。

かつてソースエンジンとかを利用して、ルドゥーやレオニドフの重工業省を再現したりとか無謀な試みもやってましたが、そもそもソースエンジンが巨大な建築物を出すのが苦手で、エラーの連続に悩み四苦八苦していたのを思い出します。


しかし、今UE4をいじくるようになって、広大なフィールドを作るのが得意なエンジンであることが良く分かってきた事を受けて、今こそそういった建築物の再現をやるにはまさに好機なのではないのか? と、ふつふつ思っていたところでした。

とはいえ、そういった建築物の再現は、以前も試みたことがあるので身に染みて分かっているのですが、そんなに資料があるわけでもなく、どこまで忠実に再現できるのか不透明なうえに、自分の実力の至らなさも相まって、なんだか中途半端に終わるのが目に見えているため、どううにも腰が引けて手につかなかったのです。


しかし、考えてみれば、何も他人が作ろうとしたものをわざわざ私が引き継ぐ必要も無いわけで、せっかく自由に何でも作れるフィールドがUE4上に広がっているのだから、ここはひとつ、自分が考えた幻視の建築を作ればいいじゃないか、と思うように。
幸いデジタルの世界の中なら、建築基準法とかも全く無視して作れるので資格もいらないし、耐震性も何も完全度外視で自由に作れるのだから、こんな私でも奇怪な建築物を簡単に作れるわけです。
arct_girl01b.0024edit.jpg

というわけで、ルドゥーがかつて「ショーの理想都市」と銘打ってユートピアを夢想していたように、私もUE4上でユートピアを築いてみようと思い立ったわけで。

しかし、ただ作るだけではつまらないので、ミクちゃんとか美少女に来てもらって探訪してもらおう、というのが今回の「建築+少女」のコンセプトというか動機でした。
逆説的に言うと、ただ美少女を置いたり躍らせるだけじゃ芸もないしつまらないので、巨大な建築物を対比として置こう、という目論みも同時にあったと言えます。


・・・とは長々と話したものの、要は建築物の横にちょこんと女子が添えられているだけの安易な物なんですけどね。


つーわけで手始めにオフィスビル的な近代建築を作って、ミクちゃんに来てもらいました。
ただそれだけ、ですけど・・・。、
arct_girl01b.0024b.jpg


一応シリーズ化してちょくちょく出せたらいいな、との思いでわざわざロゴもデザインしましたが、まあ例によって超マイペースな自分の性格なので、どんなペースで出していくか自分でもわかりません(え
arct_girl01b.0024c.jpg

最終的には「ショーの理想都市」みたいに数を揃えられたら最高なんですが、まあ正直完成するのかどうか疑わしいですな。

まあこれ別に私だけでなく、他の人もやってもらって構わないと思いますけどね。何しろ創作した建築物の横に女の子を添えるだけなんで簡単なお仕事ですし。(・・・ほんとに?)
はい出ましたいつもの他力本願(爆



web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 23:08 | Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする