2019年06月09日

気がついたら裸足で歩いてました

今回はサバイバル系のクラフトゲーである「The Long Dark」をレビューします。
このゲーム、かなり前にSteamの早期アクセスで登場し、その時から話題になったゲームです。「The Forest」と同じく中々正規版にならず、本当に完成するのか、と危ぶまれたゲームでしたが、17年にようやく完成しました。
ks_thelongdark1.jpg

ところがいざフタを開けてみればストーリーモードは序盤しか解放されておらず未完成。日本語ローカライズも正式にされていましたが、怪しい翻訳な上に一部はまだ英語のままという体たらくで一気に評価を落としました。
そんなわけで私もこのゲームの完成を楽しみにしていたのですが、正直これではまだ早期アクセスな内容だよな、とプレイを断念。
それから1年以上が経ち、ようやくエピソードも追加されました。もちろんまだ全部ではないのですが・・・。
ストーリーモードは5章まで追加予定となってますが、現時点でまだエピソード2。
このまま完成を待っていたら某バールのようなものの主人公でお馴染みのゲーム並みに忍耐が要求されそうな気がしたので、もうこの時点でプレイしてみようかと思った次第です。

実は2章が追加する前に、ストーリーモードはある程度プレイしていたため先に進んでいました。ただ2章の追加に伴いセーブデータに互換性がなくなり、結局イチからプレイしなおす羽目に。
もちろん、これはそれだけ1章の内容にテコ入れが入り、リニューアルされたという事なのですが。

The Long Darkは雪山で遭難した主人公が、共に居た元妻の女性の足取りを追いながら、過酷な環境下をサバイバルしていくクラフト系のゲームです。
ks_thelongdark2.jpg

ストーリーモード(WinterMute)の序盤はチュートリアルも兼ねているため、まずはここで基本を学びます。
主人公は体温、疲労、喉の渇き、空腹度の4つのパラメータがあり、ただじっとしてても全てのパラメータが下降していきます。体温を確保するには寒さをしのげる家を探すか、その場で焚火をして野営するしかありません。もちろん食料や水も必要。さらにずっと動いてると疲労が貯まってくるので寝る必要もあり。

特に体温は、外の気候が吹雪になるとあっという間に下がって低体温症になってしまうので大変危険。暖かい服を見つけて着込めばある程度防げますが、最初の内はこの体温管理に苦労するはずです。
いきなり猛吹雪の過酷な環境にさらされるため、要領がわからずあっけなく死んでしまう人もいるかもしれません。

武器を所持できるようになるまでは、オオカミのような外敵からは逃れるしか手が無いですし、この辺はとてもつらいところ。
実は過去のバージョンに比べて結構手直しされている分、この辺の序盤の難易度はそれでもだいぶ優しくなった印象です。前は結構死に覚えゲー的な側面もありましたけどね。
ks_thelongdark3.jpg

ただ、ちょっとユーザーインターフェイスが独特な所があって、「え、どうやって水を確保するの?」とか、一部ちょっと分かりにくい部分があるので、ここでつまづく可能性もあったりします。

例えば水を確保するには、焚火やストーブの所にある調理スロットを選択し、コップや鍋があったらそれを選択、更にそこで水を選択して、何リットル作るか(溶かす雪の量)を決めて調理、という手順なので、中々にややこしい。

体を温めるローズヒップのスープを作るにも、まずローズヒップを下ごしらえしとく必要があるとか、まあクラフト系のゲームなんで当然な流れなんですけど、ちょっとクラフトメニューがあっちこっち分散してるせいで、分かりにくさを助長しちゃってるきらいがあるのは残念です。
ks_thelongdark4.jpg

ストーリーモードでは、消息を絶った元妻の行方を追いつつ、課せられたミッションをこなして次の場所へと移動していく感じになります。
一応オープンフィールドチックな作りになってますが、ファストトラベルみたいな便利な機能は無いし、車のような乗り物も使えません。とにかく全ての移動は徒歩のみで行います。

しかも過酷な環境下で走ったりしようものならあっという間にスタミナを食うのでお薦めできないので、本当に基本は歩きです。
マップもポイントからポイントまで結構な距離があったりするので、かなり長い間歩かされる場面も多いです。それだけでなく、食糧を調理したり、体を温めたりするのにも結構な時間がかかるので、全体的にかなりのんびりした展開のゲームといえます.
このゆったりと時間が流れていくようなゲーム仕様は、せっかちな人にはまどろっこしくて耐えられないかもしれません。

外での移動部分を省略してしまうと、体温管理が重要な本ゲームにおいて、そこの部分がおざなりになってしまうからあえてそうしてるんだと思われます。
ks_thelongdark5.jpg

このゲームの場合、体温の問題で移動できる距離に限度が出てきます。そのため、未開の箇所を探索してる時に、進んでも進んでもめぼしい物が見当たらない場合、このまま何かあることに期待して先に進むか? それとも引き返して安全なキャンプに戻って立て直すか?それとも無理やり野営するか? でも食料は? どうする今ならまだ間に合う距離だが・・・という葛藤が生まれ、非常にサバイバルしてる感が高まります。
「とにかく無理は禁物」が重要なので、そのゲーム性を尊重した結果のトレードオフでしょうね。

個人的には結構楽しめました。何があるか分からない道なき道を進み、何か家が見えてきた時の安堵感たるや、このゲームならではの体験です。
ks_thelongdark6.jpg

ちなみに食料など様々な素材は結構豊富に手に入るため、きちんと探索していれば、意外と困りません。ただし、このゲームでは一度に運べる重量に限度があり、持ちすぎると歩いている時ににつまづいて捻挫するリスクが高まるため、結局のところその一部しか持っていけないので、はたして何を優先すべきか・・・というのは毎度悩みの種になります。

便利な道具を持てば持つほど重量を圧迫するため、「これは要らないかなー」みたいな思い切りも必要です。
あれもこれも必要、と思ってカバンがパンパンになりがちな人には厳しいですねえ(爆
なので予備はキャンプに残し、そこを拠点として周りを探索するっていうのが基本的な攻略法になりますね。
ks_thelongdark7.jpg

エピソード2は結構ボリュームがあったので、なんか2章分くらいプレイしたような雰囲気。ここでクマが出てきて槍で対決するんですが、最初タイミング良く突くのかと思ったら違って、実はただ構えてればいいという事に後で気づきました。どうりで勝てないわけだよ。 
ただ、構えていられる時間は短いので注意。

こういうの、多分翻訳が未だにちょっと微妙なのも要因としてあるかもしれませんね。間違ってないけど、その表現ちょっとズレてない?みたいな。流石に未翻訳の所はストーリーモードでは見当たらなくなりましたが、この辺はもう少し丁寧になってほしいな、というのが本音。

現在の所、話は非常に気になるところで終了してしまいますが、これから5章まで展開していくようなので期待しましょう。でも、ゲーム自体がゆっくり時間が進むゲームというのもあり、この時点で結構なボリューム感があるので、これ5章まであると相当な量になりそうなんですけど。
だとすると、また全体に難易度やボリュームの調整入ってセーブに互換性なくなるかなあ・・・。

ちなみに、本ゲームのメインとなるサバイバルモードは、単純にどれだけ生き延びられるか、というストーリー無しのモードですが、ストーリーモードでお腹いっぱいになってしまった私はあまりこのモードで遊んでないのですけど、やはりこっちの方が難易度とサバイバル感は高いでしょうね。ストーリーモードのように沢山物資が用意されてるわけでもないですから、食糧確保とかが序盤は凄い難しいですし。それとこのモードでは自由にセーブ出来ないのも厳しい。

サバイバルモードだけのマップもあるので、そういう所では新鮮に遊べそうですね。
ks_thelongdark8.jpg

やたら時間のかかるゲーム性、ちょっと不親切な翻訳とUI、そもそもストーリーが未完、という色々問題も多いゲームですが、サバイバルモードでのゲーム性はまさしくサバイバルゲームという名にふさわしい内容であり、こういう系のゲームを求めている人には色々刺さると思います。
The Long DarkはSteamで購入可能です。

ちなみにこのゲーム、序盤ではオオカミと戦っても接近戦になってしまって負傷は免れないため、逃げるが一番、と怯える毎日でしたが、いざライフルを所持したとたん、我が積年の恨みとばかりに嬉々としてオオカミを撃ち殺しまくるという。まあタイミング外すと失敗するしたまにジャムるんだけど・・・。
まあ要は文明の力ってすげーなってことで。
ks_thelongdark9.jpg

ちなみにゲーム内でも忠告してますが、本来オオカミはそんな人を襲うような狂暴な生き物じゃないので・・・。あくまでゲーム設定上狂暴化してるだけだそうです。


web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 21:58 | Comment(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。