2018年08月12日

とうとう背中の方からもクレームが来ました

しばらく更新を休んでいました。家庭の都合でお休みするという事は事前に伝えてはあったのですが、それに加えて背中を痛めるという予想外のアクシデントが起きて、さらに更新が滞るという事態に陥ってしまってました。

実はその前に丁度腰を軽く痛めた経緯があって、その腰の痛みもようやく治ってきたところへ今回の背中の痛みだったので、まさに一難去ってまた一難という感じでした。


背中の痛み、というのは急にやってきました。それこそギックリ腰がフイにやってくるのと同じように、ある日突然激痛が走ったのです。
ちょっと肩のあたりをひねるような動作を軽くやった時にそれは起き、「うわ、痛てえ!」と一瞬動きが止まる私。まあ体を動かせば多少痛みが走る事もあるわな、それにしては結構痛かったな、と起きた直後はその程度だったのですが。

しかし、その痛みがずっと持続してる気がする。というか腕をひねったり動かしたりすると痛みが生じる。・・・あれ? これ実は結構重症なのでは・・・。

その嫌な予感はアタリでした。痛いのでちょっと横になってようと横になってみるものの、いざ起き上がろうとすると・・・全く動けない。
ギックリ腰をやらかした時と同じように、起き上がろうとすると激痛が足るためそれが出来ない。
というか、ギックリ腰の時は、「こうやってこうやってこうして起き上がれば、なんとか痛みを回避できる」みたいな逃げ道があったのですけど、今回はとにかく全ての初手の動きの時点で痛いので完全な詰み状態。肩や背中は全ての動作をする上で基礎となる場所らしく、ここが痛いととにかく起き上がれない。
寝た状態になったまま「あれ・・・これ一度横になったら終わりじゃね?」と気付く。まあ無理して立ち上がれば良いけど当然超絶痛い。
かといって横にならないわけにもいかず、でも横になる、椅子にもたれかかると、その体制から崩せないというジレンマ。
正直腰を痛めた時よりも深刻でした。

全く体を動かせない訳では無くて、無理をしない範囲なら手の自由は効くし、歩くことはそれほど苦では無かったのだけど、基本動作の大部分を封じられてる感はあって、その場から全く動かないのなら問題ないけど、流石にそういう訳にもいかないので私生活をするには充分すぎるほど支障が出ていました。

流石に医者に診てもらったところ、背中の具合も確かに要因としてあるかもだけど、それよりも首の方のダメージが原因っぽい、と診断されました。首の骨の間隔が一部狭くなっているため、そこが痛みの主な原因になっているらしく、それが起因して背中の方まで痛みが連動してるのが今回の痛みの全貌。

まあざっくり言ってしまえばぎっくり背中のような状態。実際、そういう病状はあるらしいので、それに該当するのだと思います。
初日は全く動けずどうなる事かと思ったけど、医者から薬とシップを貰ったおかげで回復は意外と早く、3日目にはほぼ問題無くなってました。まあまだ少し痛いのだけど。痛い個所を温めると良い、という話も聞いたので、ホッカイロで温めたのも功を奏したかもしれません。もっと長引くと思ってたので。


なんでこんな事になってしまったのか、色々要因は考えられるけど、まあ九分九厘姿勢が悪いのが原因でしょう。背中は度々痛めてるので気にはしてるけど(と言いつつ最近痛めたけど・・・)首周りはあまり注視してなかった。というか、確かに最近首周りに違和感と言うか微細は痛みはあって、その要因になってるのは、恐らく寝てる時の体制かなあ、という。

どうも枕とかが合ってないんじゃないか説。起きたときにたまに寝違えて首を痛めているときがあり、枕のせいで首が変に曲がってしまってるか、そもそも寝相が悪くて首が曲がってる可能性も。
あと、姿勢正しく座っているとしても、液晶画面などを見るとき、視点位置が微妙に合ってなくて、首が少し曲がった状態で見てるのでは、と言うのも結構原因としてはありそう。

とにかくこれらを改善しなければまた再発してしまう・・・・。とはいえ腰の部分の時点でまだ充分ではなく、再発してしまってる状況だから、難しいなあ。そもそも自部屋のPCや液晶のレイアウトを大幅に変えない限り、防止は望めないのでは。
しかしそれは大幅なモデルチェンジを必要とし、冬の大掃除並みの大改修になってしまうので、はてどうしたら。
でもこれ、遅かれ早かれやらないとダメっぽいなあ。とにかく液晶画面の配置をミスったよね。低すぎる。底上げしようにも棚の中にピッタリ納まってるから、これをどうにかしないといけない→大改修、ってことなので。


とりあえずお騒がせしましたが、腰だけでなく首にも爆弾を抱えてしまったこの体、歳というのもあるけど。


web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:21 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。