2016年04月17日

暇さえあれば水を飲む

実は最近インフルエンザにかかって暫く休養を余儀なくされていました。

インフルエンザになったのは人生初の経験であり、色々と驚きました。今まであまり実感がなくて少なからず他人事みたいな気持ちがあったかもしれません。しかしそれも昨日までの事です。


よくインフルエンザは風邪と間違いやすい、という話は聞きます。実際私も最初は単なる風邪だと思っていました。
もちろん、風邪であろうと病気になるのは予期せぬ事態なので嬉しいことなどではありません。寒気を感じ、「あ、これはやっちまったな・・・」と。
ここ数日天気がめまぐるしく変わり、発症した当日も大雨で気温が一気に下がっていたため、この急激な変化にやられたのだろうと思ってました。
この時期は花粉症も重なり余計にややこしいのですが、流石に花粉症といえど寒気を感じることはないのでこれは違う。

熱も出てきたので、仕方なく風邪薬を飲んで横になりそのまま就寝。大体一日もすれば熱が下がる事も多いのですが、朝起きても変わらず。これって結構長丁場になるパターン? とか、まだそれくらいの危機感でした。仕事を休んでそのまま寝続けることに。

ところが、それから数時間経っても治るどころか体の寒気が全然取れません。むしろひどくなってる。布団から出ると体全体がブルブルブルッと激しく震える程になり、熱も全く下がっている気配がない。計ってみると既に39度を超えている・・・。

流石にこの辺りで「あれ、本当にこれ風邪か?」と疑うように。スマフォ片手にネットで調べてみたら、高熱や体の寒気などがインフルエンザの症状と一致し、いよいよもって嫌な予感がよぎります。
更にネットで調べたところ、対インフルエンザの薬は発症から48時間以内に服用した方が効果的、みたいな事がかかれていたため、このまま様子見してると手遅れになるかも、と思い、即座に着替えて最寄りの病院に駆け込むことにしました。ちなみにこの時点で発症から約24時間程度経っていたと思います。

今は鼻に綿棒みたいなものを突っ込んで簡単にインフルエンザがどうかを調べることが出来ます。試してみたところ、案の定インフルエンザの反応が出てしまったわけで・・・。


そうと決まると、二次感染を防ぐため、治るまで自宅にこもって外出などは出来なくなります。
少なくとも5日は出ることは禁止だそうです。だいたい3日くらいで熱が下がるそうですが、大事を取って治ってもあと2日は自宅で大人しくしていなければならないからです。熱などが中々下がらずしつこく残ったりした場合はそれ以上かかる事も往々にしてあります。
どれくらい休暇を取るかの判断は働き先の会社の方針などに任されてる部分みたいですが、他人にうつしたらたまったものではないので、まあ治ってもしばらくは様子見しなければならないのは当然といえるでしょう。

意外と病院側は、インフルエンザを治すに辺り、家にいる間どう過ごしているべきか、みたいな注意事項は何も教えてくれませんでした。そんなんで良いんだろうか・・?
とりあえず外界との接触を断っていれば基本的にOK、という事なんでしょうかね。
薬はイナビルという、吸い込み型の変わったタイプで、1回処方すれば充分なんだそうです。要は粉みたいな物を吸い込むんですが、細かすぎて全然吸い込んでる感じがしなくて、結局何度も吸い込んでしまいました。まあ錠剤より明らかに簡単ですけどね。
ks_ibabil1.jpg

インフルエンザは空気感染ではないので、別に隔離しなければならない、というほど大袈裟にはなりませんが、唾や咳とかでは感染してしまうので、親兄弟など家族がいるなら一緒に食事を取るのはNG、当然感染者が使った物に触れるのもマズイ、という事になります。
自分も家族もマスクをして感染リスクを和らげ、食事も自分の部屋で全部取り、食器も全部隔離してもらいました。
熱が出ている間は脱水症状になるのでこまめに水分を取らねばなりません。・・・・あれ、これも医者は言ってたっけ?


こうして親に感染しないように気をつけつつ大人しく部屋にこもっていたのですが、3日経っても中々熱が下がりません。高熱では流石になくなったのですが、37.5度など微熱がしつこく残っていたのです。結局完全に解熱するまでに5日もかかってしまいました。

そのため、完全に復帰できるまでに一週間かかってしまいました。最初に風邪だと思って風邪薬を飲んでしまったのが原因でしょうか。それはともかく、免疫が衰えていたのは確かなので、単純に時間がかかってしまったのだろうと思います。
とりあえず親が感染する事も無かったので、大事には至らなかったのが救い。

人生初のインフルエンザにしては、我ながら迅速な対応をして、悪化を防いだと思います。あのタイミングで、よく病院に行こうと思った、俺。
でも明らかにおかしかったからねえ。あの体全体がブルブル震える症状は異常で、とても風邪とは思えなかったから。
みなさんも、異常な寒気と熱が出た場合は疑ってみてください。インフルエンザはスピード勝負なので、迷っている暇はありませんよ。




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック