2016年03月28日

20周年にはとうとうアレが保存可能になるんですね?

本日AnimeJapan 2016というイベント内にて、ゼーガペイン10周年プロジェクト発表会が催されました。
私はこのイベントには行くことが出来なかったのですが、ありがたいことにニコ生にてその模様が生中継されたため、一体そこで何が発表されるのか固唾を飲んで見守って来ました。
ks_zega-10th.jpg
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ

ゼーガペインとは何かを語るとそれはそれは長くなってしまうので割愛しますが、要は私が今でも非常に気に入っているロボットアニメ作品であるということです。
この作品に関しては、限定BD-BOX発売の時などに語ってますので、よく分からない方はそちらを参照の程を。


10周年と謳っていることからも解るように、このアニメが放映されてもうかれこれ10年になります。リアルタイムでこのアニメを見てからすっかりファンになり、今でも追いかけていますが、ここ最近はあまり音沙汰がありませんでした。
まあ、それも当然なわけで、別にシリーズ化されて定期的に放映されている作品でもないですから、これだけ月日が流れてしまえばもはや存在すら忘れられてしまうのは宿命。

しかしこの作品は根強いファンに支えられ、限定のBD-BOX発売、スロット版の登場など、定期的に関連商品が出続けていたわけです。
実は最近でもピアノによるCDやスパロボ参戦など、地味に色々話題はあったのですが、限定BD-BOXの時のようなお祭りに匹敵する規模の物は久しくありませんでした。

で、久々に新たな発表があると周囲がざわつき始め、今回の発表会となりました。
会場には声優の浅沼晋太郎と花澤香菜、下田正美監督が登場。約40分程度の短い内容でしたが、非常に濃い発表だったと思います。

発表された項目は以下の3つ。

■Blu-rayBOXを一般販売

■10周年記念イベント「10th Anniversary ゼーガペインSBG 夏の始まり@舞浜サーバー」 開催

■ZEGAPAIN ADP 上映(10月予定)


まずBlu-rayBOXですが、ソース自体は恐らく以前発売された限定版と同じでしょうが、今回のための特典がたんまり付く予定との事なので、既に限定版の購入組も無視できない物になりそうです。
特典の内容はまだ未定ですが、監督はフルコメンタリーを入れたいと強く希望している模様。これには私も期待しちゃいます。
そしてやっぱり花澤ちゃんは放送局をリベンジしたいらしい(笑)。どんだけ黒歴史なんだ。
ファンからの要望にも答えたいとのことで、近いうちにそれに関する企画も考えているそうです。
まだ特典も未定なので、発売日程などもまだ未定。
ですが、これは予約が始まったら真っ先にポチってしまいそう。


続いてイベントもここだけの規模の物は久々ではないでしょうか。
7月とちょい先の話ですが、朗読劇も披露された前回のイベントには抽選に外れてしまったので、今回はなるべく参加したいところ。
ROCKY CHACKも出演との事ですから、これは生演奏が聴けそうですね。
既に先行受付が始まりましたが、これも抽選になるでしょうから厳しいかなあ。一応予約はしておきましたが。
現在公式サイトにリンクあります


で、ZEGAPAIN ADP、これが今回最大の目玉。
続編がついに公開か? と囁かれたりもしましたが、流石にそれはなく、テレビシリーズを再構成した総集編による上映です。
ただし、新作カットや新キャラも登場するという事で、もはや単純な総集編とは言い難い内容です。実際、総集編という言い方は避けられています。
どちらかというとディレクターズカット版と言う方が正しいのか? 新要素の部分は恐らくそんなに割合としては多くないでしょうが、結局これのために全編音声を撮り直しするらしいので、もうそれだけでもただの総集編ではないですね・・。

新たに取り直しというのは実に興味深いですが、既にファンの間で懸念されているように、もはや花澤ちゃんが当時の初々しい棒読みでは全く無くなってしまってるので、あのリョーコ感は望めないと言うことでしょうか。
皮肉な話ですが、当時の花澤ちゃん特有の棒読み声にカミナギというキャラがピッタリはまっていて、本来下手くそなハズの演技が実に魅力的なものになっていたという。

ただまあ、彼女の現在の揺るぎない演技力によるカミナギもそれはそれで楽しめる要素として捉えるべきでしょう。もう下手くそで聞いてられないとか言わせません(笑)。
それにしても、浅沼氏も花澤ちゃんも、当時はド新人で、それがまさかここまでビッグになるとは誰が予想したでしょうか・・とくに花澤ちゃんは。

個人的には、ゼーガという作品はあれで完結しているので、無理に続編は作らなくて良いと思ってる派ですが、今回のように隙間を埋める系の作品は歓迎したいですね。まああまりハードルはあげず、冷静な気持ちで待とうと思います。


久々に一気に周囲がざわつき始めたゼーガですが、私もまだまだ熱は冷めてないので応援していきますよ。
そしてお金を貯めなければ・・・・(爆)。

ちなみに監督は近年のVRブームと今回の10周年が重なったのは決して偶然ではないと思うと仰ってましたが、考えてみるとゼーガの中のゲーム「Pain of Zega」がVRだったんですよね。
ks_painofzega1.jpg
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ

ロボットをフルCGで描いたり、HDサイズで放映したりと、当時としても随分先を「行き過ぎていた」本アニメですが、まさかVRまで繋がってたとは。
あとは量子コンピュータによる「アレ」の保存が残ってますね(え





web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック