2012年12月23日

出てけよ、その代わり漢にしてやるぜ

ロビンソン漂流記というカードゲームを買いました。といってもこれ、通常のマルチプレイのゲームではなく、一人用ゲーム、所謂ソロプレイ専門のゲームです。

ソロプレイが可能(あるいはそれがメイン)ならまだしも、完全にソロだけのゲームというのも珍しいですね。最近ソロプレイのボドゲが私の密かなマイブームなんですが、こんなのも発売されたと言うことは、実は世間的にもちょっとソロプレイが注目され始めてるんでしょうか? 
ks_robinson1.jpg

ロビンソン漂流記(完全日本語版)は、ドミニオンや過去にも紹介したサンダーストーンと同じく、デッキ構築型のゲームです。しかし一見そんな風には見えないんですよね。
その理由は恐らく、カードを購入するのではなく、戦って勝ち取ることによってデッキを増やしていくというルールだからかも。あと、手札を持つという概念がなく、デッキから一枚ずつ引いていくというやり方なのもそう思わせる要因かもしれませんね。

ともかく無人島でのサバイバル生活に挑みながらデッキを構築し、最終的にやってくる海賊船を倒し、島からロビンソンを脱出させなければなりません。

このゲーム、カードはぜいぜい60枚くらいしか使いませんが、割とスペースを広く使います。カードが兼用になってたりと省エネ仕様ですけど、専用ボードも用意されて、割とゲームしてる感が演出されていますね。
さて、何はともあれ無人島生活の始まりです。厳密には無人じゃないんですけどね(設定上プレイヤーは島の先住民となっている)。
ks_robinson2.jpg


島でのサバイバル生活は災厄カードとして表現され毎回めくる事になります。この災厄がいってみればサンダーストーンにおけるモンスターに匹敵するもので、ロビンソンはこれに立ち向かわねばならない訳です。

災厄カードにはその災厄に打ち勝つための災厄値が書かれており、これを自分のデッキ(ロビンソンの山札)を使って挑み、攻撃力が災厄値を上回れば勝利、自分のデッキに加え、これはそのまま戦闘に使えるカードとして機能するようになります。
そのため、ロビンソンのカードは災厄と戦闘カードが併用になっているため、上下に分かれて描かれていて、通常より少し縦長のカードになってます。

しかし、まずデフォルトで用意されている初期のデッキ(漂着カード)は無茶苦茶弱いので話になりません。何しろ攻撃力は0とか-1とかそんなのばっかりで、一番高くても攻撃力2、しかもそれはたった一枚しか入ってません。
さすが島に上陸したばかりのロビンソンはサバイバル生活の心得を何も理解してませんね。こんな状態では災厄値が1でも勝つのは一苦労なのです。
ks_robinson3.jpg

災厄カード毎にデッキから引く事が出来る枚数が決まっているため、その範囲内で決着をつけなければならないんですが、まあ最初の内はまず無理です。
その場合、ロビンソンの体力を1削る毎に、更に追加でカードを一枚ずつ引く事が出来ます。が、元々デッキが弱いのに追加で引いても厳しいですね。当然ロビンソンの体力は無限ではないため(初段階では20)、あまり無理も出来ませんし。

なので攻撃値が足りないのなら、負けとみなしてカードをゲットするのを諦める事になります。この場合、災厄を倒すのに足りない攻撃力の分だけロビンソンの体力が奪われることになります。
しかし、良いこともあります。負けて奪われた体力値の分だけ、今使用したカードを除外(要は廃棄)する事が出来るのです。当然-1とか0とか不要なカードのせいで負けたんですから、これらを除外し、デッキを圧縮させる事ができるのです。
これ、結構重要な事で、戦闘中に要らないカードが出てきた場合、デッキから外すためにわざと負けるという戦法もあるのです。

最初のデッキではまず勝つことが難しいので、取り敢えず負けて要らないカードを除外して圧縮させるのがメインとなりますね。
しかし、負けると当然一気に体力が減るので、圧縮したいからと言って負けまくるのも考え物です。基本勝ちに行く、という気持ちで挑まないと、なかなか厳しい物があります。

それにデッキを使い切ったら捨て札を戻してシャッフルし再使用する事になりますが、この時に1枚衰弱カードというのを加えてシャッフルしなければならないのもかなりの痛手。
この衰弱カードは攻撃値をマイナスしたり体力を減らしたりする嫌なカードで、デッキが尽きる度に一枚ずつ加えられていくので、圧縮してデッキの回転率が高くなる分だけどんどん嫌なカードが増えていってしまいます。これは圧縮戦略に対する牽制みたいなもんと考えて良いでしょうね。
それにしても和訳のバカ丸出しは笑った。すごいマヌケ。まあこのカード、通常ゲームでは使わないんですけど。
ks_robinson4.jpg

こうして最初の内は負けてナンボの状態ですが、災厄カードを加え、要らないカードも減った2週目以降のデッキでようやく反撃開始。まあロビンソンもそろそろサバイバル生活に慣れてきたという事ですね。
ゲットした災厄カードに描かれた攻撃には特殊攻撃を含む物も多く、これらを戦闘中に使うことによって、戦闘を有利に進める事が出来ます。これが何と言ってもキモですね。
体力を減らす事なく追加でカードを引いたり、一枚の攻撃力を2倍にしたり、体力を回復したりと色々な能力があり、めくる事が出来る枚数内で勝つためにはこれらの能力は必要不可欠ですね。しかもデッキが強くなってくるとこれらの能力のコンボも発生し、この辺はまさにドミニオンを髣髴させます。
ks_robinson5.jpg

こうして順調にデッキを育てていく事が出来ても安心は出来ません。ゲームが進むと、災厄の難易度(警戒度)が上がってくるからです。緑、黄色、赤の3段階あって、最初は緑ですが、これが黄色になると災厄に勝つための災厄値が跳ね上がります。

赤になると災厄値が10ポイント超えなんてのも出てくるので、能力コンボは必須という感じになります。しかし、赤の難易度をクリアした後に待ち受けるは、例の最終ボス、海賊船との戦いなので、赤の災厄でへこたれるようでは到底勝ち目はありません。
何しろ海賊船の持つ値は20〜40もあり2隻に挑まなくてはならないので、要は赤の災厄に余裕で打ち勝てるだけのデッキを育てなければ海賊船には勝てないと言うことですね。


元々ソロプレイのゲームは難易度が高めに設定されてますが、このロビンソン漂流記も例外じゃありません。プレイしてみると、最初の内は黄色警戒度に到達するのもやっとという感じで、海賊船なんかと戦うなんて10年早いぞ若造め、と軽くあしらわれる感じ。とにかく途中でいとも簡単にロビンソンの体力が尽きてしまう。

最初のデッキが弱いので、要らないカードを捨てるために体力を必要以上に削ってしまうのが何と言っても最大の要因で、この状態で黄色や赤に挑むと、負けたときに一気に体力を奪われて瞬殺されてしまうんですよね。

なので最初の内は要らないカードは地味に除外しつつも、弱い災厄カードを選出して挑み、なるべく被害を出さないように一巡目をやり過ごした方が良さそうです。
そうすると何とか海賊船まで辿り着くことに成功。しかし2隻目で体力が尽きてあえなく敗北。

このゲームの場合、体力を回復させたり、要らないカードを除外する能力のカードは割と重要。デフォルトのデッキである漂着カードの中に唯一、体力回復の能力を持ったカードが一枚あるんですが、攻撃値が0なんでつい除外したくなりますけど、これは取っておいた方が吉ですね。
ks_robinson6.jpg

こうした、攻撃値はないが能力は強力、といったカードもあるので、これらをうまく回すのもコツのひとつと言えるかも知れません。

という訳で何度かプレイして多少コツが分かって来ると、ようやく海賊船にも打ち勝ち、勝利。スコアを計算すると、33点。うーん低い。80点が目標らしいのだけど、ほど遠い。
その後、71点をはじき出すことに成功。お、目標点にもう少し。災厄になるべく勝ちにいった戦略が功を奏したみたい。スコアは、デッキの総合計攻撃力をポイントとするため、圧縮してるとスコアを稼げません。
なので、このゲームの場合はデッキを分厚くした方が有利です。ただし、衰弱カードはスコアでもマイナスになるので、破壊能力等で除外するに越したことはないですね。
ks_robinson7.jpg

しかしコツが分かっても、運の要素もあるし、体力を削りながらの戦闘になるため常に崖っぷちの状態。一度選択を間違っただけであっけなく途中で力尽きる事もしばしばです。この辺のシビアさは、以前紹介したオニリムにも通じる物で、なかなかのハードな戦いです。

これでもゲームの難易度としては一番低いレベルで、最大でレベル4まであるので、はたしてそこまで到達できるようになるのか・・・。


なおちょっとマニュアルが不親切というか、分かりにくい訳ではないですけど、少々ルールが複雑なポイントがあるので、要所要所で少し混乱します。
時々警戒黄色なのに緑で処理してしまうとか、サンダーストーンでもやりがちな凡ミスを起しやすい部分があり、その辺はよく注意しながら点呼するみたいに確認しながらのプレイになるので、平均1ゲーム25分となってますが、最初の内は軽く1時間は余裕ですね。各能力の把握と使用の仕方で悩むというのもありますし。

(ちなみに、マニュアルに一部誤植があり、結構これが致命的な間違いなので注意が必要です。公式サイトにエラッタの訂正が載ってるので要確認です。)

このように少々複雑な部分があるとはいえ、ドミニオンとかその手の構築系のゲームをやった事がある人ならルールはすんなり入ってくるでしょうし、その手のゲームの醍醐味であるデッキを育てる楽しみや、能力コンボの快感など、ツボはしっかり押さえたゲームなので、難易度高めですがお薦めのゲームです。
内容物は多くないですから値段も安いですし、オニリムとかその手のソロプレイゲームに興味があるなら買って損はないでしょう。
ks_robinson8.jpg

一人専用ゲームってのは珍しいですが、個人的にはもっとあっても良いような気もします。なんでわざわざ一人でボードゲームって思われがちですけど、私は全然アリですね。むしろ何故今まで殆ど多人数用しかなかったのか?とさえ思うようになってきました。誰かもっと作ってくれませんか(笑)。


最後に、自分用のメモとして、分かりにくかった部分を羅列して記載しておきます。確認用にどうぞ。間違ってたらごめんなさい(爆)。


特殊能力は、戦闘中にいつでも、どの順番で使用しても良いことになってるので、カードをめくりたいだけめくった後で一気に使用しようが、めくる度に即座に使用していってもよい。これは衰弱カードの能力も同様。なので体力-2とかの能力でも即座に処理しなくてよい。戦闘中に破壊カードで無効化された場合、この能力が発動しなくなる事もあるので。
ただし、好きな順に能力を使用出来ると言っても、「ひとつの能力を使用しきってから次の能力を使用する」というルールがあるため、例えば更新2枚の能力を使うとき、一枚更新してから別の能力を使い、その後で残りの更新をするといった使い方は出来ない。

また、一枚2倍と警戒-1の能力は得点計算の時に発生するものなので、その能力を使うのは実質、戦闘の最後の得点計算の時だけという事になる。
ちなみに更新2枚の能力は必ず2枚更新しなければならない物ではなく、2枚目の更新は任意となってるため、一枚だけ更新して終わらせることには問題ない。

その更新系の能力でカードを捨てる場合、既に能力を使用したカードも対象と出来る。この場合、例えば体力+1の能力で体力を回復させた後、このカードを更新能力を使って捨てる事が出来るが、その時に既に使用した体力回復が無効になると言った事はない。ただし、得点計算の時に能力を発揮するものに関しては、捨ててしまうとその能力が失われてしまうことになる。
当たり前だが、まだ能力を使ってないカードを捨てれば当然その能力は無効になる。

戦闘中、無償でめくって良い枚数の限度に達する前に攻撃力が災厄値を上回った場合、もうカードをめくるのをやめ、ただちに戦闘を終了させて勝利として良い。

災厄に負け、体力を失ったらその数だけカードを除外できるが、あくまで「除外できる」なので、嫌なら除外しなくても構わない。また、3枚除外できるが1枚だけ除外するといったやり方でもOKなはず。

衰弱カードは除外に必用な体力が2と設定されてるので、除外するには通常カードの2枚分を消費する。つまりは、負けたときに体力が2以上減らないと除外できない。

破壊能力や、負けた時に公開中のカードを除外するのはカードを破棄する事を意味するが、「並べ替え3枚」能力の、「要らないカードを一枚捨てる事が出来る」は、捨てるというだけで破棄する訳ではない事に注意。

赤警戒の戦いが終わったら海賊船の戦いへと移行するが、ルールは災厄に立ち向かうのと全く変わらないため、そのままの流れで海賊船との戦いへ突入する。つまり捨て札も山札も仕切り直す必用はなく、途中で山札が切れたら災厄戦闘の時と同じルールを適用する。

マニュアル記載されている「追加で引く戦闘カードが必用なときだけシャッフルします(ロビンソンの山札が尽きた時ではありません)」がちょっと意味不明。一見すると、体力を削って追加カードをめくるたびに山札をシャッフルしなくてはいけないようにも取れる。が、戦闘の説明の所にそんな事は一切書かれてないので、恐らくそういう事ではないはず。
多分これは、丁度山札が空になった時に即座に捨て札を戻してシャッフルするのではなく、空になっても、カードを引かなくてはならない状態にならない限り、捨て札をシャッフルする必用はない、という事を言いたいんだと思われる。(能力でカードを戻す場合もあるので)




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | アナログゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先ほど、コメント送信したら、接続が消えてしまったので、再送信します。
いまさらなアッテンボローの怪人の感想です。更新楽しみにして、新年早々読ませた頂いていたのですが、感想をかけずにいました。
正直もっと、続きを読みたかった。怪人たちが、新キャラを力を合わせて、世界を救うのが見たかったです。
でも、ラストシーン。どれだけ、愛していても、触れ合うことが出来ないオイペントウの業が、見送る『笑顔』に現れていて印象的でした。
興味深く、心に触れるお話ありがとうございました。次回ありましたら、楽しみにしております。
それでは私も、大掃除をば(^^;)
Posted by なんじ at 2012年12月26日 12:57
>なんじさん

コメントどうもです。
そうですね、ラストのはしょりは私も残念に思うところがあるのですけど、あまり面白い展開に出来るような気がしなくて、結局切ってしまいました。

まあこれで全て終わってしまった訳ではありませんので、何かしら続編でも番外編でも描きたい所存です。今度はあまり自分の負担にならない程度のクオリティで(笑)。

それがいつになるかは確約出来ませんが、まあそんなに遠くない内に実現できたらいいなあと考えています。

ですので、今後とも宜しくお願いいたしますー。
Posted by 佐藤孔盟 at 2012年12月27日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック