2012年09月30日

イイ夢見ろよ

さてさて自分の中で絶賛マイブーム中のボードゲームのソロプレイですが、今回はまた新たにカードゲームを入手。これまた、ソロプレイのゲームとしては割と話題になったOnirim(オニリム)というゲームを買ってみました。

何しろこのゲーム、一応2人用とはなってますが、説明書でソロプレイのルールから始まる事からも分かる通り、実はソロプレイをメインに据えたカードゲームなんですね。
ks_onirim1.jpg

ちなみに現在この豪華版とも言えるオニリムの新版「最初の旅と七つの書」がリリースされました。
こちらもレビューしてますのでご参考までに。


ゲームは、夢の中で迷宮を彷徨い、出口となる扉を全て見つけて悪夢から醒めることを目的としています。そういうテーマを反映して、カードは何ともぐんにゃりした、良く言えばホンワカとした、悪く言えばちょっと病的な雰囲気のある不思議なデザインで色取られてます。

山札からカードを5枚引いて手札とし、ゲームスタート。
カードの大半は迷宮カードという、夢の中の迷路を表すカード。これらを、ある一定の法則に習って順番に場に出していかねばなりません。
迷宮カードには太陽、月、鍵の3種類のシンボルマークがあり、同じシンボルマークのカードを連続して出すことはNGとなっているのです。
なので例えば太陽のマークを出したら、次に出すカードは残りの2種、月か鍵のマークのカードしか出せない、という事になります。
ks_onirim2.jpg

この法則にならってカードを出していき、もし同じ色の迷宮カードを3枚連続で出せたなら、扉を発見した、という事になり山札から同じ色の扉を抜き取って場に出せます。
これをくり返して合計8枚の扉カードを全てゲットすれば夢から醒めてクリアとなります。


しかし厄介なのは、山札の中に潜む悪夢カード。
これを引いてしまうと、せっかく手に入れた扉カードを1枚山に戻さなくてはならなくなります。それが嫌なら、手札を全部捨てるか、あるいは山札を5枚引いてそっちを全部捨てるか決めなくてはいけません。とにかくどっちにしてもかなり痛手なイベントには違いありませんね。
しかも結構枚数があるので何とか処理したのもつかの間、連続で出たときの絶望感は半端ありません(笑)。
ks_onirim3.jpg

唯一これを回避するためには手札に鍵のシンボルマークが入った迷宮カードが必要です。これでこの嫌なイベントを無効に出来ますが、代わりに鍵カードは捨てなくてはいけません。ま、扉や手札を捨てられるよりかはマシ、という事ですね。
鍵はそれだけでなく、扉カードを手札に引いてしまったときに同色ならそのまま引き替えに扉をゲット出来たり、場に捨てる代わりに山札を5枚引いて中から一枚を捨て、残りは自由な順番で山に戻す(悪夢カードを捨てるチャンス)という特殊能力も持っているので、かなり重要なカードです。

しかし困った事に3種類のシンボルマークのうち鍵がもっとも枚数が少なく、どの色も太陽6枚以上、月4枚、鍵3枚という割合なので、滅多に出て来ないのが玉にキズ。そしてこの枚数の不揃い加減はそのままカ−ドを順に出していく法則にも影響し、月か鍵を出さなくちゃならない手順で手札が太陽ばっかり、なんてな事態に陥ることもしばしばあります。


ゲームをプレイしてみると、結構絶妙なバランスであることが分かり、とにかくギリギリの戦いになります。
山が無くなった時点で敗北なので、もう残り10枚とかにさしかかる時には既にリーチ状態になってないと厳しい。そして大概そんな中に一枚は悪夢カードが交じってたりするのは当たり前。それを土壇場で引いてしまうと完全に負けが確定してしまうので、もうめくる度にドッキドキ。

この辺は運もありますが、要はそんな切羽詰まった状況にならないように序盤・中盤のうちにうまく立ち回っていかねばならない訳です。まあ鍵をどう使っていくか、うまく順番通りにカードが出せない時に潔く別の色のカードに変えてしまうか否か、という判断など、とにかくジレンマとの戦いですね。
ks_onirim4.jpg

ゲームとしては、サンダーストーンみたいに世界観に没入するような面白さには乏しいので、割と平凡な方かな、という感もありますが、なにしろこのゲームの場合は負けた時の悔しさが半端ありません(笑)。それでついもう一回、とやりたくなるタイプのゲームといえるでしょうね。悪夢カードにしてやられたり、なんで今ここで出てくれないんだよ、なんてな事が連発するとリベンジしたくなっちゃいますもんねえ。


ゲームには最初から3つの拡張要素が同梱されていて、足跡の書、塔、暗黒の前兆と幸福な夢、の3つのゲームが。
「足跡の書」は、扉を指定した色の順番通りにゲットして行かなくちゃならなくなるため、かなり難易度アップ。ただしその代わり、捨て札を利用して、ゲットの順番を変えたり、悪夢効果を無効にしたりと救済処置もあるので、なかなかのバランス難易度になってます。手札次第でカードを出せない分だけ鍵や捨て手札の使い方が重要で、かなり戦略性が高まったゲームになります。
ks_onirim5.jpg

「塔」は、扉カードの他に塔カードも集めなくちゃなりません。塔は独立して場に並びますが迷宮カードど法則は一緒。
ただ悪夢カードが出ると扉共々山に戻ってしまいます。それが嫌なら、悪夢カードを処理後捨て札とせず山に戻さなくてはなりません。通常の効果と合わせると結構辛い。そのため難易度は高く、私はまだこれで勝てた試しがない(爆)。

悪夢カードが出ること前提で、とにかく繋げられるならどんどん塔カードを場に出しておきたいけど、塔を捨てると山札をチェック出来る効果もあるので、これまたジレンマ。
ks_onirim6.jpg

「暗黒の前兆と幸福な夢」は、指定されたノルマに達するとペナルティが発生するという嫌なイベントが追加されます(笑)。大概同色の扉を揃えたり一定数の扉を集めると発生し、鍵を捨てたり扉を山に戻すなどの辛い司令が下ります。

しかしその代わりに、悪夢とは正反対の「幸福な夢」カードが追加され、これらイベントを無効にしたり、山札から7枚めくって好きなだけ要らないカードを捨てたりと結構強力な救済効果が得られるので、このカードが出るまではノルマを達成しないように注意深くゲームを進めていく感じになりますね。
このルールは割と好きかも。やっぱり悪夢だけでなく、良い夢も見たいもんね。
ks_onirim7.jpg


正直な所あまり期待してなかった所もあるんですが、その割には意外と検討したゲームでした。
悪夢カードの緊張感はかなりの物なので、ゲームは単純ながら、なかなかのハードな戦いをしている充実感はあります。
ただ最初の内は少々説明不足気味なマニュアルのせいで(またかって感じのホビージャパンクオリティ)、ちょっと面食らいましたね。

そのせいで最初は何だか毎ターン最後に必ず山札をシャッフルしなくちゃいけないと勘違いしましたが、そうではなく、シャッフルが発生するのは迷宮カードを揃えて扉カードをゲットしたときと、忘却札を山に戻す場合のみ。忘却札はターンの最後、手順3の時に戻すので、このタイミングでシャッフルが起きる訳で。逆に言えば手順3の時に忘却札がなければシャフルは行われず、次のターンに移ります。
これは文脈を修正してくれてるここのサイトなどのおかげで理解する事ができました。参考になると思います。

後、塔の部分も分かりにくいですね。迷宮カードと同じ法則で並べると言っても、一片に2つもマークが描かれてたりするから、どういう見方をすれば良いのかイマイチ。これって、要は同じマークが辺同士で向き合わなければ良いという事だから、マークが描かれてない辺にはどのカードも繋がるし、両方のマークが入った辺にはどれにも繋げられない、という事かと(マーク無し辺とは繋がる)。



後Youtubeで見つけたこの動画では、東南系の言葉で何言ってるのかサッパリ分からないけど、少なくともプレイの手順は参考になると思いますよ。

このゲーム、すごろくや等で売られてますが、いつまでも在庫がある感じでも無いので、欲しければ早めにゲットしといた方が良いでしょうね。




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | アナログゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事に惹かれて買ってしまいました。
「ソロプレイ可」の「カードゲーム」で「雰囲気のある絵」の上「送料含め2000円で買える」し「売り切れ御免」ということでクリーンヒット。
最初はルールに戸惑いましたが(特にリンボ札とシャッフルのタイミング)、把握してからは2時間くらいのめりこんでました。
今のところ鍵はなるべく予言に使ったほうがいい気がしますね。悪夢カードを拒否するのに受動的に使うよりは予言で見つけて捨てたい。予言の中に扉があれば好きなときにリンボ行きさせてシャッフルもできますし。
扉引いて即ゲット効果はあくまでラッキー。(鍵の山札操作で安全に狙えたらやるだけ)

拡張ルールも少しだけやってみましたが、足跡の書は序盤に詰みかねませんが、やれることが増えて楽しいですね。マジック・ザ・ギャザリングを思い出します。
塔は塔カードが数も種類も少ない上、塔を捨て札にした時のメリットが薄くて難しい。
暗黒の予兆・幸福な夢は、扉を戻されたり予兆カードをまた引いたりする致命的な予兆を幸福な夢で真っ先に除いてしまえばいい、と思えるので難易度は低いルールかもしれませんね。そのせいで予兆カードの効果の処理を忘れそうになりますが…。
とりあえず今は塔ルールでの勝利を目標にしてます。私もまだ一度も勝ってません。

やっぱり手で触れて遊べるアナログのゲームはのめりこみます。
非常に良い物を楽しむことができてすごく満足してます。
Posted by barolive at 2012年10月02日 20:04
>baroliveさん

乙です。
おおっ買われたのですね、恐縮です。

鍵の使うタイミングは難しいですね、予言は確かに強力ですが、うまいこと悪夢が出てくれれば良いですけど、そうでないときのガッカリ感ときたら(笑)。

このゲームの場合、何にしてもペナルティを避けることは出来ないので、何が一番痛くてもマシかを判断しなくちゃいけない、割と厳しい選択を迫ってきますね。そこが結構緊迫感を生んでいて、濃厚なゲームになってると思います。やるとどっと疲れます(笑)。

それだけに負けると悔しいんでしょうねー。

拡張は、手軽に新要素を楽しむのが「前兆」で、より高度なゲームを楽しみたい中級者向けが「足跡」、上級者向けの「塔」という位置づけですかね。

今まで私もアナログゲームでソロプレイというのは、何か妥協している感じで今まで関心がありませんでしたが、すっかり考えを改めました。もっともゲームの内容によりけりですけど、こういう面白いゲームも結構あるんだな、と今後も追っかけていきたいですね。

Posted by 佐藤孔盟 at 2012年10月03日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック