2017年03月26日

雑音と音楽と無の狭間で

しばらくゲームの話題が続いたので久しぶりに別の話題を、ってそういうつもりで用意した訳ではないけど、
以前からちょっと取り上げたいなあ、と思ってた事があるので、今回はその話題を。

池田亮司(Ryouji Ikeda)についてです。

一応音響系(ミュージックコンクレート)のミュージシャンとして有名な人なのですが、本国でどれだけ知られているのか結構疑わしいですよね。
元々こうした実験音楽系がマイナージャンルなので仕方がないですけど、彼が基本海外で活動している事もあって、ライブ活動も基本的に海外中心というのもあるでしょうか。

私が彼のことを知ったのは2000年前後の事だったでしょうか、丁度この頃音響系のサウンドにプチはまっていた時期だったため、カースティン・ニコライが主催するRaster-Notonレーベルの曲を良く買っていたのですが、その中にRyouji Ikedaの名前があったのがきっかけです。
ks_ryoujiikeda1.jpg

彼はかなり早い段階からこうした音響系のサウンドを展開していたため、音響系のパイオニアの一人として語られることが多いようですが、で、実際彼がどのような音楽を制作しているかを説明するとなると、うーんはたして彼の魅力を充分に伝えることが出来るかどうか、私の文才ではかなり疑わしいところがあるのですが・・。

とりあえず音響系、という所から始めなくてはなりませんが、様々な街に溢れるノイズや音源などを利用して曲を再構築する事が一般的に知られていて、ノイズミュージックに近いと言えば近いのですが、シンプルな技法の物が多く、ずっと昔に紹介したことのあるフランシスコ・ロペスなんかを連想していただくと分かりやすいです。

フランシスコ・ロペスがフィールドレコーディングを中心とした環境音を構築していくのに対し、Ryouji Ikeda氏は周波数やグリッチノイズといった、所謂ノイズ音源を利用してミニマルパターンを構成し、一定のリズムを構築していくのが特徴です。

ノイズパターンをリズム化して一種のテクノミュージックにする技法は既に様々な人達が試みている事ですが、彼はその中でも非常に徹底しており、ピーっとかジーッとかいうコンピュータが一般的に発するようなノイズ音を、それこそ本当に一定間隔で並べただけみたいな超シンプルなサウンドを展開しています。

よもすると、本当にこれは音楽なのか?という疑問を持つ方も出てくるでしょう。フランシスコ・ロペスなんかもまさにそういった疑念を常に持たれてしまう宿命にあるようなサウンドですけど、Ryouji Ikeda氏のサウンドは、実はロペスよりかはずっと分かりやすいと思ってます。
なぜなら、一定のリズムを刻み、徐々に変化、構成されていくサウンドは、単純とはいえ音楽の文法な訳だし、ミニマルミュージックやテクノの文脈にかろうじて入っていると思うのですよ。

特にそれが分かりやすいのが初期の頃のアルバム「+/-」辺りのサウンドで、Headphonicsなんかは彼なりのテクノミュージックとも言えるものであり、クラフトワークなんかの非常にシンプルなテクノが好きな人だったら結構琴線に触れるんじゃないか、とさえ思います。
逆に言うと、こんな単純な手法でも成立し、音楽に聞こえてしまう、というのが凄いことでもあり、当時はテクノ畑の人達を騒然とさせたらしいです。


実際私もそういった超シンプルなテクノミュージック部分を気に入ったわけで、彼のアルバムは当時結構買いあさりました。

しかし、彼の形作る音の世界観は中々にしてマニアックなため、周波数が徐々に高音から低音に移り変わるだけとか、不規則にノイズパターンが展開するとか、音楽スレスレ、というかもはや音楽とは言い難いレベルの物もあるので、やはり紛う事なき音響系の人と言えるでしょう。


しかし、彼のサウンドを理解するにあたり、やはり音楽だけでは不十分であり、映像や、その場の空間自体も込みしなければならない、と言うのは、彼のDVD作品「Formula」を見たときに強くそう感じました。

バックに映像を映し、音とシンクロさせる事で、より音の重要性が増し、単純なパルスやノイズがきちんと意味を持って配列されている事が強調されるように感じました。

実際、彼のライブはこのような形態の物が多く、元々パフォーマンス集団「ダムタイプ」の音楽を担当してる事もあり、舞台のパフォーマンスとバックに流れる映像のフッテージ、さらに音楽をシンクロさせるダムタイプの手法は、現在のRyouji Ikedaの作品と同じであり、その延長線上にあると言って良いです。
これらの映像と音をシンクロさせた彼の作品群は、恐らく入念な計算と意図を元に、緻密に構成されていると思うのですけど、頭の弱い私にはその意図するところは全く理解できないけども(爆)、非常にSFチックかつ、幾何学的な世界観は、個人的に好みなのでツボにはまりまくったわけで、結局音響系と呼ばれるサウンドに皆共通している部分でもあり、だからこそ一時期自分の中でブームになっていたんだろうと思われます。


最近では、映像をプロジェクターで上から投射し、観客の中に直接作品を浴びせる、というインスタレーションなんかも行っていて、なんというか、これはダムタイプで行っていた技法を、そのまま素人の観客を巻き込む形で発展させていった感じで、勝手に思い思いに動き回る観客の影やコントラストも作品の一部になっている、という気がしますね。


こういった作品群をみると、どことなく昔我々がSFなんかに思い描いていた、「なんかよく分からないけど凄い計算をしている」みたいなスーパーコンピュータをひねくれた形で再現しているようにも思え、音楽的にもビジュアル的にも非常に興味深いです。
実際彼のアルバムジャケもトータルコンセプトのように一貫してシンプルかつ幾何学的であり、非常に緻密に計算されたような意図を感じます。だからこそ、当時の私のコレクター心をくすぐったと思うのですが。

ここ最近の彼はRaster-Notonから3部作としてアルバムを出したりしていますが、近年の彼のサウンドは非常に高速かつラウドな感じになってきており、あまり私は好きではありません。
個人的には初期の非常にシンプルなサウンドの方が好みで、前述した「+/-」や「Time And Space」のTime、「0°C」のZERO DEGREES、「Matrix」のディスク2あたりが自分のツボでした。
あと、やはり映像込みの方が絶対彼の世界観が分かりやすいので、DVDの「Formula」が個人的に一番オススメなんですが、絶版なので入手難なのが勿体ない。
そういう意味じゃダムタイプ名義の「Memorandum」なんかはDVDでも出てるし、サウンドも分かりやすい方なのでオススメかと思います。
というか彼の映像作品があんまり出てないのも勿体ない話ですね。

一応彼のアルバムはItunesなんかでも買えるので、興味ある方はそこで買うのが無難ですかな。




今は金銭的に厳しい状況が続いているせいで、中々こうした音響系のサウンドを買うのが難しくなってしまった手前、紹介しときながら、あんまり最近追っかけてないんですよね。
彼の作り出す作品は空間込みで体験してこそなのはやはり音響系のサウンドに共通する所なので、実際に体感しないといけないんですけどね。
元々頻繁に日本でイベントをやってる訳でもないので難しいのですが、機会があっても重度の出不精で絶対出向かなさそうなんだよねー自分(オイ

というか、多分人がごった返しているところに行きたくない、というのが本音なんでしょうな。それが大規模小規模関わらず。
まー自分がこんな不甲斐ない状況なので、この記事で少しでも彼のことを知ってもらって、音響サウンド、音響テクノといった世界に足を踏み入れていただくと幸いです(何様だ)




web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

別の意味で君はひとりじゃない

今回もIGF賞(Independent Game Festival)絡みのゲームをレビューしようと思います。
INSIDEという横スクロール型アクションパズルゲームです。

このゲーム、ノミネートされたものの結局惜しくも大賞は逃してしまったようですが、LIMBOの開発チームの新作と言うことで、かなり話題になったゲームではあります。
ks_inside1.jpg

LIMBOはINSIDEと同じく横スクロール型のアクションパズルでしたが、全編にわたってモノクロの色調が非常に印象に残る、ダークな絵本ともいうべき暗い世界が特徴のゲームでした。

やってることは良くあるような2Dアクションパズルなので別段目新しい部分は無かったのですが、ファンタジックな内容と相反して非常にリアリスティックな非情世界が描かれ、そこは極めてインパクトの強いゲームになっていたと思います。これ以降、明らかに影響を受けた亜種ゲームが結構出回ってましたからね。


そして今回のINSIDEです。
実はやってることはほぼLIMBOの時と変わってません。システム面だけ見ると、本当にただグラフィックがリッチになっただけと言っても過言では無いくらい一緒です。
公式に日本語対応しているとはいえ、LIMBOの時と同じく言語依存が全く無いゲームなので、その辺は全く心配はありません。

ストーリーに関しては、前作のダークファンタジーとは違い、かなりSF色が強くなり日常的な世界観に近い雰囲気になりました。
ただ、これもLIMBOの時と同様、あまり詳しい解説や時代背景も説明されないため、より世界観は馴染みのある風景に近くなったとはいえ、どこの、いつの時代なのかもよく分からない設定になってます。


ゲームを始めると、唐突に少年が森の中に現れるところから始まります。少年が主人公、何の説明もないまま始まる、というのもLIMBO精神を受け継いでる感じですね。

非常に奥行きのある立体的なフィールドに見えますが、実際に行き来できるのは左右の2点だけ、つまり2Dアクションゲームなので、操作性はLIMBOと全く一緒、アクションを取ることで物を掴んで運んだりスイッチを押したりする事が出来るのも同じ。
ks_inside2.jpg

こうして、パズルを解きながら前にひたすら進んでいくアクションパズルになってます。まあこの辺もいつもの感じで特に目新しいところはありません。
ですが、各キャラクターの動きは繊細かつ緻密で、非常にスムーズに動き、動かしていてとても気持ちがよいです。この辺の感覚はすごくプリンスオブペルシャっぽいところがありますね。


しかし、やはりこのゲームで特筆すべきは、世界観、それに尽きるでしょう。
ゲームをやるとすぐに分かるのですが、主人公の少年、明らかに何かから逃げているようなしぐさをするのです。
そして案の定、序盤で出くわす大人達は、容赦なく少年を追い回し、捕まえようとしてきます。その捕まえ方がえげつなく、もはや生死を問わないようなやり口で来るのでゾッとします。

勿論、何で追われてるのか、仮にも少年である主人公を何故そこまで大人達はつけ狙うのか、何の説明もないのでモヤモヤしますが、そのせいでより一層世界観の不気味さが増している感じです。
少なくとも、この序盤の一連の流れだけで、この世界がいかにデストピアチックで「ただならぬ」状況下にあるか分かってしまうため、そういう点では非常に見事だと思います。
ks_inside3.jpg

この辺はうまくゲームとも絡められていて、本当にギリギリのタイミングで敵を巻いたり、見つからないように隠れたりなど、かなりの緊張感が演出されてます。
当然失敗すると即死、あるいは確保されてしまうため、トライアンドエラーで正解を見つけなければなりません。この初見殺しな感じもLIMBO譲りでしょうが、冷静に状況を判断できれば、一発回避も出来るようなデザインにはなっています。でも中々難しいですね。


ゲームを進めていくと、どんどんこの世界の「異常性」というか、「一体なんなんだこれ?」的な疑問点が溢れてきます。この辺を解説してしまうとネタバレに繋がってしまう恐れがあるのであまり詳しく語れないのが残念ですが、後半になると、なんというかもうHalf-LIfeにも通じるような世界観になってきて、SF好きには結構興味深い展開になっていると思います。

ただ、それでも具体的な説明はないので想像するしかありません。でも色々なヒントはあるので、それで補完して、この世界のある意味壮大な時代背景を想像するのがこのゲームの醍醐味のひとつとも言えるでしょう。
ks_inside4.jpg

そしてラスト付近の衝撃的展開はあっけにとられる事請け合いで、私も一瞬言葉を失いました。終わり方にはどうしても賛否出てくるでしょうが、総括すると、非常に良くできたゲームで、一気に最後までプレイしてしまうだけの吸引力がこのゲームにはあると思います。凄く続きが気になっちゃう作りになってますからね。

アクションはギリギリのタイミングを要求される場面も多いので割とシビアですが、イライラするようなタイプのアクションは控えめで、トライエラーですぐにコツがつかめるようにはなっている感じです。
初見殺し、あっけなく主人公が死ぬ、結構シビアなアクション、というと、どうしても「アウターワールド」を個人的には連想してしまいますが、実際、本ゲームはアウターワールドの世界観にかなり近い気がします。
両者ともゲーム性が非常に似てるし、セリフも説明もないので想像するしかない、という点も同じですし、絵柄も非常に近い雰囲気を持ってますからね。実際ちょっと意識してるんではないのか、と勘ぐってしまう位なんですが。
ks_inside5.jpg

ゲームはだいたい3〜4時間ほどでクリアできるので、短いと言えば短いですが、お値段的には相応といった所でしょうか。個人的には充分なボリュームがあったと思います。これ以上長くなると退屈になってしまう恐れがありますし。
そういう意味では、良い感じで場面展開があり、飽きさせない工夫がされているので、楽しくて一気にプレイしてしまいがちで、それで短く感じてしまうのかもしれませんが。
一応隠し要素があるのでやり込み要素も含まれてますが、とにかく世界観が謎めいてるので、考察がてら2周目をしたくなる感じではありますね。

LIMBOの時と同様、ラストがモヤモヤするのは同じなため、その辺は覚悟の上でプレイしましょう。開発者さんはこういう「どうとでも取れる」感が凄い好きなんでしょうなあ。
それでも、やって損はないゲームには違いありません。非常に斬新なプレイ体験が出来ることは間違いないです。凄くダークでデストピアですが・・・。

INSIDEは現在STEAMにて購入可能です。


実況動画も沢山上がっていて、期待値が高かったゲームであることが伺えます。ただこのゲームの場合、前情報を一切見ないでプレイした方が絶対新鮮度が違うので、プレイ後、他のプレイヤー達は一体どう感じたんだろう?という名目で後で見た方が絶対面白いです。

ks_inside6.jpg

ていう訳で、詳しく書くとネタバレになりかねないので、詳しい感想については、この後書きます。当然、この先はプレイした方のみ読み進めるようお願いします。




続きを読む
web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ダイアン、どうやらまた失踪事件が起きたようだ

またまた間を開けてしまって申し訳ないです。先月は忙しかったので仕方がないです。
で、今回はまたPCゲームのレビュー行きたいと思います。

我がサイトでも過去にIGF(Independent Game Festival)受賞ゲームを度々取り上げたりしてましたが、今回も2017年度のノミネート作品を紹介しようと思います。最近、STEAMにてIGFノミネートのゲームがセール価格で販売されていた事もあり、幾つか購入した経緯があったので。

で今回紹介するのはそんなゲーム「Virginia」です。
ks_varginia1.jpg

Virginiaというのは、アメリカに実際に存在するヴァージニア州の事を差しているようです。この地で起きたある失踪事件を追う形で展開していくミステリー仕立てのADVです。
同名の映画があるようですが、当然全く無関係です。

さて、IGFと言えば、非常に先駆的、チャレンジングな内容のゲームを選考する事で有名ですが、このVirginiaもその例に漏れず、非常にゲームとしてのジャンル分けが難しいゲームになっています。というか、はたしてこれがゲームなのか、というのも議論の対象になってしまいかねない内容ではあります。

このゲーム、有り難いことに公式に日本語化されているのでその辺の心配はありません。ただし、設定でテキスト翻訳のチェックを入れておかないと、ゲーム中に出てくる書類等の英文が訳されないので注意してください。字幕については、基本的に耳が不自由な方のための物なので、そうでないならここは入れない方が良いです。

ゲームは、FBI捜査官になりたてのアン・トレバーとして、ある事件の捜査に乗り出す事になります。しかし、プレイしていて結構独特なゲームだな、と言うのをすぐに理解できるでしょう。
ストーリー的にはミステリーだというのに、セリフが一切無いからです。
当然あえてセリフを排除しているので、明確に会話しているシーンでも、「なんか話してるんだろう」体で進んでいきます。要するに、全部見た目のアクションや演出で全てを語っているタイプのゲームなわけです。
ks_varginia2.jpg

ただそれによって明確に伝わらない部分も多々あり、物語としては難解な部類に入ります。現実と虚構が交錯するような不可解な演出も結構あるので、見た目の雰囲気もそうなのですが、ツインピークスやデビットリンチ監督の世界観が良く引き合いに出されていますね。
確かにヴァージニアの片田舎で展開する物語というだけでも結構ツインピークスを彷彿とさせる所があります。音楽とかも結構それを意識しているような所が見られますしね。

また、一応ADVらしい内容ではあるとはいえ、実際にプレイヤーが出来ることは極めて少ないです。アクションを取れる所に対してクリックするだけで、進めるルートは一本道なので別にあちこち歩き回れるわけでもありません。
いわば、アンという主人公を通して一連の物語を追体験していくような内容であるため、見も蓋もないことを言ってしまえば、手法としてはほぼ映画を観ている感覚に近いです。
ks_varginia5.jpg

この部分が本ゲームの評価を分けている所のひとつです。あらすじやゲーム概要を見ると、一般的なミステリーADVみたいに思えますが、実際には全然そうではありません。IGF受賞のゲームでは度々見られますが、Dear Estherのようにゲームのような手法を用いた、新しい物語の表現手段の作品、と捉えた方が良いかもしれません。

私はもうこの手の作品には慣れているので別段気にならず楽しむことが出来ました。とりあえすデビットリンチのような一筋縄では行かない映画一本を鑑賞するような気持ちでプレイすると丁度良いでしょうね。


この点については結構このゲームで躊躇無く採用されていて、ゲーム自体は一人称視点で展開していくのですが、普通ゲームであればどこか目的地があるのなら、実際にそこまで歩いて向かうのがゲームとしての定石的な手法だと思うのですけど、このゲームの場合、目的地に向かって歩いていると突然場面展開して目的地のシーンに切り替わったりするため、映画的なカット割り手法が大胆に取り入れられている事が分かります。
ks_varginia3.jpg

具体的な例を挙げると、ブレアウィッチのようなPOV視点の映画にかなり近い手法と言えます。
映画としては非常に初歩的な演出なんですが、ゲームでここまで大胆に取り入れられる例はあまりないように思えます。まあ何故かというと、これをやってしまうと映画手法に限りなく寄ってしまうので、ゲームとしての存在意義を危うくしてしまうからです。
でもこのゲームは「ゲーム然としてなければならない」というような強迫観念にも似た物を一切気にしてない作品なので、こういう事を大胆に取り入れているのでしょう。
Dear Esther以降、こうしたゲームとしてのあり方みたいな物に囚われない作品が増えてきましたね。


さて、物語的には、上司のコート氏に呼び出されたアンは、あるベテラン捜査官のパートナーになるよう任命されます。
このパートナーとなるマリア捜査官が追っている事件が、例の少年失踪事件という事になります。

ここの部分、セリフによる説明が一切無い上に、プレーヤーの意志に関係なくどんどん場面展開していってしまうので、誤解してしまうプレイヤーが多く、非常に注意が必要です。
ネタバレにはならないと思うので書いておきますが、上司から渡された黄色いファイルは内部調査を任命する物で、マリア捜査官の動向に怪しい所があるので探ってこい、というのがパートナーになる真相だと言うことです。
ks_varginia4.jpg

これを理解しておかないと、その後のアンの行動が不自然に思えるし、事件を追いながらパートナーの過去を洗い出そうとする複雑な物語の構造が理解しずらくなるので、ちゃんと把握しておきましょう。
私の場合、最初テキスト翻訳がオフのままプレイしたため、「あれ、なんかおかしいぞ?」と途中で気付いて最初からやり直すハメになりました。


というわけで、このVirginia、ルーカス少年の失踪事件を主軸に起きながら、実はもう一つマリア捜査官の話が同時に動いているので、ミステリーとしては結構凝っています。この辺の構造もちょっとツインピークスを彷彿とさせる所ですね。
物語の結末も、ツインピークスよろしく結構難解な展開をするので、ここがまたもうひとつ評価の分かれる点でしょう。
とにかく、どこまでが現実で虚構?みたいな描写も結構あるため、あえて分かりにくくしているきらいもあり、結局何が言いたかったのか分からない、という方も多そうですね。

こういった新しい非ゲーム的な内容の作品にも慣れた人でさえ、流石に物語の展開が理解できないとなると「うーん・・」となってしまいますからね。

ただ色々なところで考察はされており、それを読むと、割とそんなに複雑な物語でもないのかもな、という気はしました。
とりあえずそのまま一度体感してみて、そのあと色々考察を読みあさってみてから、再びプレイするとだいぶ印象が変わるかもしれません。
ks_varginia6.jpg

ちなみに、考察の部分で初めて知った部分で、ネタバレにならないと思うので記しておくべきと思った点があり、それが、不良から押収した財布から出てきた色鮮やかな切手みたいなチップの件。
これ、全く意味が分からなかったのですが、実はこれLSDなんだそうで。
海外の人達には常識なんでしょうが、流石に我々日本人には馴染みが無いので、仕方ないとはいえわかりにくい部分でしたね。
アンがそのLSDに対し行った行動は謎ですが、単純に興味本位でちょろまかしたのかなーと推測。


ゲームは2時間程度で終わるので、本当に映画一本見る感覚に近いですね。これを新しい体験と捉えるか、ゲームとしてはクソゲーとして捉えるかは個人次第な所があります。
私は、映画的手法を大胆に取り入れた本ゲームを極めて楽しむ事が出来ました。当然謎めいた物語を理解できたかというと全然そんな事はありませんが、そういう映画嫌いじゃないので、そういう点も含め、楽しむことが出来ました。
まあゲーム内容以前に、デビットリンチみたいな謎めいた作品は苦手、という方には確かに楽しみにくい作品かもしれません。

ここのサイトの尖ったゲームラインナップを好む人なら、充分楽しめる作品だと思います。
Virginiaは現在Steamにて購入可能です。

あと、ゲーム音楽が秀逸です。インディーゲームでよくぞここまで映画音楽並みのサントラを付けた物だと感心します。サントラ同梱版を買わなかったことを少し後悔。またセールが来たらサントラ買おうかな。
ks_varginia7.jpg

Virginiaは大賞ノミネートからは惜しくも外れてしまったみたいですが、となると大賞有力候補はどれですかねえ、個人的にはEvent0INSIDE辺りじゃないかと予想してるんですが。
といいつつ、どちらもまだ未プレイなんですけどね(え

INSIDEは購入済みなのでいずれプレイしなきゃですが、Event0は英語が出来ないと難しい上に日本語化もほぼ不可能な内容だから、流石に無理でしょうなあ。SF好きとしては凄く面白そうなんだけど。残念。






web拍手 by FC2
posted by KS(Koumei Satou) at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | PCゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする